障害年金の請求の仕方は4種類の方法があります

障害年金といえば、公的年金の利用者が交通事故とか病気とかを患い障害状態に陥ってしまった場合に支給される年期のことを指していて、厚生年金の加入者とかであった場合は障害基礎年金とともに障害厚生年金ももらえたりします。障害年金をもらうための条件としては、公的年金の加入期間の2/3以上で保険料を納付または免除されているか65歳未満の男女が初診日の前々月までの1年間に保険料の未納していない状態の方が該当しつつ、何かしらの障害を持ち社会復帰とか生活に支障出てしまう人も対象となります。

障害年金の請求の仕方は4種類あり主にどういった方法があるのかというと、障害認定日請求、事後重症請求、初めて2級の請求、20歳前の初診による請求といった方法があり各請求方法によって多少やり方が異なっているため、細かな詳細はインターネットとかで検索をすれば詳しい内容を調べることができます。ちなみにですが、20歳前の初診による請求は国民年金のみとなるため、ここは覚えておいたほうが良い情報となっています。

障害基礎年金の金額は障害基礎年金1級と障害基礎年金2級に分けられ、これによってもらえる年金額も異なってきます。また、障害厚生年金については障害厚生年金1級から3級まであり、こちらも各級によぅてもらえる額が異なっていたりします。