素敵な絵でびっくり!息子と宇宙ステーション

小学生の息子が楽しそうに家で絵を描いていたのですが、意外とうまかったのでびっくりしました。いつの間にこんなに絵がうまくなったのかと。宇宙を描いていることはがわかったのですが、息子に「これはなに?」と聞くと、「宇宙ステーションだよ」と教えてくれました。どこでそんな言葉を覚えたのかとびっくりです。

息子は星や空、宇宙などに興味を持つようになりました。テレビで宇宙ステーションのことを知ったようで、絵を描いたようです。「ここに沢山の人が住んでいるんだよ」と嬉しそうに教えてくれた息子に、感動してしまいました。将来もしかしたら息子は宇宙と関わる仕事をするようになるかもしれないと、想像してしまいました。

とても積極的な息子なので広い宇宙と関わる仕事をしてくれたら、親としてすごく嬉しいですね。そのことを友人に話すと「親ばかだね」と笑われてしまいました。将来なんてどうなるかわかりません。その日、私は息子が宇宙飛行士になって宇宙ステーションで楽しく生活をしている夢を見ました。とても単純だなと自分で笑ってしまいました。

息子にその話をすると喜んでくれました。最近は宇宙ステーションや地球などの絵を描くことが増えて、応援したくなりました。