実は利用対象がはっきりとしている介護タクシー

以前車椅子である叔母を病院へ連れて行くために介護タクシーの利用を検討したという話を別の叔母から聞いたことがありました。結局その時は私が時間を作って車を出したので介護タクシーは利用しなかったのですが、そのとき、そもそも介護タクシーとはどのようなものなのかと思い調べてみたのです。

すると介護タクシーというのは介護保険制度を利用する場合、利用できる対象がしっかりと決められていることを知りました。どうやらただ車椅子ごと載せられるタクシーというわけではなく、移動などに介助が必要な人でなければ利用できないようです。運転手さんが乗降だけでなく病院の受付など様々な介助をしてくれるとのことだったので、介護タクシーの運転手さんというのは仕事が多く大変なのだろうなと思いました。ちなみに家族の同乗は原則禁止だそうなので、叔母ももしかしたら利用することは難しかったのかもしれません。
一方で介護保険適用外の介護タクシーの場合は、比較的様々な人が利用できるようです。ドライブや旅行などにも利用できるとのことですから、気分転換に使うこともできるのでしょう。
介護タクシーと一口に言っても保険適用の有無によって使い方に制約があったりと、なかなか奥深いものなのだなと思いました。将来のためにもっと調べておくのも良いかもしれません。