障害年金について私が思っていること

障害年金の世間のイメージは体に重大な障害がある時に支給される年金というイメージがあるかと思います。
ですが、実際には障害年金というのは必ずしも体に重大な障害あれば支給されるとは限らない年金です。

なぜなら、障害年金にも支給の基準があって障害があれば支給されるようなものではないからです。
なのでその基準に合致しないと障害年金はもたえないです。

また障害年金は体だけでなく精神にも障害を抱えた場合にも支給されます。
もちろん、この場合も基準があるので精神に障害を抱えていても障害年金が支給されない事はあります。

ただ、障害年金は世間では体に障害があった場合にもらえるというイメージが強いので実はそうではないという事は知っておいて損はないです。
なので、もし精神的にかなり病んでしまって日常生活に支障が出るほどなら障害年金も検討するのもありです。

ただ、精神障害で障害年金を支給されるとなるとかなりハードルが高いのでそこは慎重にならないといけないです。
また体に障害がある場合も実際には思った以上にハードルが高いので注意した方が良いです。

意外とそこを間違って考えている人が多いので障害年金に対して抱いているイメージを改めた方が良いです。