福山の弥勒の里温泉〜昭和の湯

onsen15広島県福山沼隈あたりに「昭和の湯」別名みろくの里温泉があります。

こちらは隣接する「弥勒の里」をしっかり楽しんだ後に入館する事をオススメします。

冬場に こちらの温泉を利用してから 弥勒の里イルミネーションを観てたら寒くて湯冷めしてしまいました。

昭和レトロな「いつか来た道」と同様、昭和の湯も 昭和を感じるセットがたくさん置いてあるのでカメラやスマホで 石原裕次郎のポスターや昔のポスターや酒場など しっかり写真撮る事をオススメします。

休憩ルームではドリフ大爆笑なども流れてます。

駄菓子屋もありますし昔のバーを再現した所もあります。

温泉外観の昭和30年ぽさまるでタイムスリップしてるようでした。

入館料は650円でした。レトロな入口を抜けると シャレた源泉掛け流しの湯が待ち受けてます。

サウナ、内湯、内湯イベント風呂、露天風呂 露天寝湯とあります。

内湯と露天風呂は温度が違い湯の質も違うので 話題となっております。
確かに入り比べると 湯を肌で感じ あれ?どちらも心地よいけど なんか違うと実感しました。

露天風呂の日本庭園もお見事の一言です。

内湯からも庭園は眺められるけど露天から風を感じて満天の星を眺めながらゆっくり庭園も眺めるのが王道です。

少しぬるいのが、また長湯してしまう良いポイントでもあります。