物流業界における冷凍輸送の重要性とチルド食品の台頭

インターネット通販の発展と共に、物流業界全体が働き方やサービスを見直す時代が到来しています。また、コンビニエンスストアが冷凍食品といったチルド系商品の充実を図り、クール便を含めた低温専用の冷凍輸送が、より専門的で高品質な輸送方法を導入され、それが当たり前のように行われる時代です。

食品において、地産地消や生産者の顔が分かる商品が人気を集めて久しいですが、昨今では産地から消費者の手に届くまで新鮮さを失わせないチルド食品が注目されています。よって、ここまでチルド商品が普及した理由として、日々成長する物流の発展が挙げられるはずです。
このような低温物流はコールドチェーンとも呼ばれ、生産者と消費者の両者にとって、豊かな需要と供給を生む画期的なシステムになりつつあります。課題となる要素も多く、例えば技術開発はもちろんのこと、温度管理を行う際にはコストが掛かりますが、海外へ向けて冷凍輸送が行いやすくなったなど、メリットのほうが多く感じます。
多岐にわたる商品をインターネットの登場により手軽に購入できる時代だからこそ、コールドチェーンといった冷凍輸送が一層重要となり、物流業界の発展にも必要不可欠な要素なのです。