介護施設にガスヒートポンプエアコンを取り入れるべき

ここ最近ガスヒートポンプエアコンの宣伝を聞かなくなったなと思っていたのですが、どうやら家庭用ではなく業務用としては長い間愛されていることが分かりました。
昔は家庭用としてもよく販売されていた気がするのですが、金銭面などを考えるとガスヒートポンプエアコンは大きな施設で使う方が効率が良いしメリットも沢山あるのです。

家庭用で使っている場合、もし点検が定期的にあるならば少々面倒だな…と思いますが、図書館やオフィス、ビルなどの大きな施設の場合は点検が定期的にあるほうが安心感があり、お客様に対しての信頼感にも繋がります。
そして、電気よりもガスはエネルギーの効率が高いので、長い時間使い続ける、運転し続ける必要のある施設などは電気エアコンだと電気代がかかってしまうのに対し、ガスヒートポンプエアコンは大幅に電気代をカットできるので節電効果も期待できるのです。
そう考えていくと、常に空調に気を配り、室温を安定しておく必要のある介護施設にはどんどん取り入れていくべきだと思うのです。
介護施設には当然年配の方が居ますが、体温の調節が難しい方も沢山います。
ガスヒートポンプエアコンであれば、長時間使い続けていても安心なので、これからどんどん増える介護施設はガスヒートポンプエアコンを設置するべきだと思うのです。