障害年金について

病気やケガに見舞われたかたの救済の為に国の制度で障害年金制度があります。
とても良い制度だと思うのですが、障害者年金と混同される方が非常に多く、そのためこの制度をご存じでない方が多いので、もっとたくさんの方にご利用いただくべきではないかと思います。
請求できるかたには当然用件があり、以下の3つの要件を満たす必要があります。

1:障害の原因となった病気やケガの初診日の時点で下記のいずれかの間にあること
・国民年金か厚生年金のいずれかの被保険者であること
・20歳未満
・日本国内に住んでいる60歳以上65歳未満の方で年金制度に加入していない期間(老齢基礎年金を繰り上げしている場合は除く)
2:一定の保険料の納付要件を満たしている(20歳未満の年金制度に加入していない期間に初診日がある場合は除く)
3:障害の状態が障害認定日または、初診日が20歳未満の場合は20歳の時点で等級に該当する

障害と言うと、発達障害や知的障害などの先天性の障害、肢体の障害を想像する方が多いですが、 人工透析や癌、うつ病や若年性アルツハイマーなどの精神疾患、パーキンソン病まで様々な傷病が対象になります。現に請求者で一番多いのは精神疾患となっています。
そして、その障害が等級に該当することが必要な訳ですが、これは障害者手帳の等級ではなく、国民年金法の定める等級になります。
支給金額はすべて非課税となります。請求できる可能性のある方はしっかりお問い合わせいただいて、障害年金をもらいそびれないようにしましょう。