運送会社は必要か?

誰かに荷物を送りたい。誰かから荷物を受け取りたい。そんな時に使うのが、宅配便だと思います。
荷物を持っていけば数日でその人のところに届けてくれるし、インターネットで何かを注文すれば、数日で自宅の玄関まで届けてくれる。便利な時代になったものです。

さて、そこでその荷物を届けてくれるのが運送会社なわけですが、この運送会社というものは果たして必要なのでしょうか。
何を馬鹿なことを言っているんだ、荷物を運ぶのが運送会社の仕事なのだから、必要に決まっているだろう、と思われるかもしれません。

しかし、今の時代は、権力の分散が続いています。仮想通貨の台頭により法定通貨の価値が減少していくように、一元的な支配から個々に力が分散されるという時代の潮流が確かに存在しているのです。

これを運送会社に当てはめてみるとどうでしょうか。
自動運転の技術により乗合型のタクシーが普及するなどと言われていますが、運送という世界もそういう形に変わっていくのではないかと思います。つまり、運送会社が一元的に管理して荷物を配送するのではなく、街中を共用の車両が走り、そこに人や荷物を乗せることで運搬を行う。そうなれば、現在の形の「運送会社」というものは存在しなくなり、現在のようなサービスで勝負する時代ではなくなります。

この大きな時代の潮流の中で、運送・運搬という業界は、今後どのような形となっていくのか。業界の人間だけでなく、利用する側も考える必要のあるタイミングになってきているのではないでしょうか。