モーターの分類と生活に欠かせないモーター

モーターは多くの人が知っていると思いますが、種類が多く、どのような目的に対してや選定したら良いかなど説明するときに考え方を整理する事と分類が必要になります。4つの種類にモーターは分類する事が出来ます。一つは変換原理による分類で電磁モータや静電モータなどがあります。

電源による分類では、直流電源や単相交流電源などの分類で、回り方による分類では、回転速度を決める要素や逆転に分けられます。構造による分類で、回転するものと静止しているものの組み合わせの分類もある為に、分類の仕方は、モータに対する考え方によって異なると言えます。難しい表現の多いモーターですが、電気自動車のモーターであれば、ガソリン車のエンジンと同等の役割を果たす事が出来て、電気自動車を走らせる場合には、重要な機能を果たしていると言えます。身の回りのモノは、モーターで動く製品が多く、家庭で生活には欠かせない洗濯機や冷蔵庫やエアコンなどもモーターで動いています。エレベーターやエスカレーターなどの動かすもので大半は電気で動くモーターが使われています。自動車でもパワーウインドウを上下させる小型モーターからハイブリッドカーの走行動力としてモーターの数は大小合わせて約100個程度使用されているので、モーターは現代の生活を支えている大きな存在と言えます。