家族にお墓を残さないための樹木葬

かつては先祖代々のお墓があって、お盆やお彼岸に親族が集まってお墓参りをする、という光景は当たり前に行われていました。しかし最近はお墓を持つ事よりもっとお墓の形態そのものを、また概念を変えたいと思うひとが増えてきました。そしていま注目されているのが樹木葬です。

そもそもお墓を買うということはかなりの費用がかかります。区画の土地、墓石、お寺への永代使用料それらを残された家族に任せないように前もって揃えられたらいいのですが、なかなか生前買われるかたは多くありません。親のお墓を用意したくても、独立した子供が実家から遠くで生活している場合なかなか出向くことが難しく、どこにお墓をつくればいいか迷われることもあります。
そのようなことを踏まえ家族に負担かけたくないと樹木葬を選ばれる方が増えてきました。お墓を持たず、木を植えて自然に帰るという発想もあります。お寺の一角に樹木葬ができる敷地が用意されているところが増えてきました。共同墓地とくくりは同じですが、墓石をもたず自然の土地に木を植えるので残された家族もお墓参りという形態とは違い、少しずつ成長していく木を育てていく感覚は樹木葬ならではです。今までのお墓参りにとらわれない新しい供養の形は今後増えていくのではないでしょうか。