はじめての畑はブロッコリー!

yasai15主人の両親は退職してからの趣味として、数年前から家庭菜園で野菜作りをしています。ナスやブロッコリーなど年々育てる野菜の種類も増えてきて、帰省の際にはおいしい旬の野菜を食べさせてもらうのが楽しみとなりました。我が家の4歳の息子はトマトが嫌いだったのですが、おじいちゃんが作ったトマトは「おいしい」と言って食べたのでびっくりしました。子供でも新鮮な野菜は分かるのですね。去年の夏に主人の実家へ帰省したとき、ちょうどブロッコリーの植え付けをするところでした。そこで家庭菜園の一角を借りて息子専用の畑を作ってもらい、そこにブロッコリーの苗を植えました。息子は初めての経験で大はしゃぎ。10株ほどですが、おじいちゃんに教えてもらいながら丁寧に丁寧に植えていました。自分の畑というのがとても嬉しかったようです。

11月になって主人の実家から電話があり、「ブロッコリーができたよ!」とのこと。こんなに早くできるんだとビックリ。早速週末に収穫に行きました。見ると見事に大きなブロッコリーが畑に並んでいます。息子はあの小さい苗がこんな大きなブロッコリーになったというのがいまいち理解できないようでしたが、一生懸命収穫していました。その夜は主人の実家で採れたてのブロッコリーを使ったグリーンサラダとシチューを美味しくいただきました。息子にとって、はじめての野菜作りはブロッコリー。翌日お弁当に入れてあげたら、幼稚園でもお友達に自分が作ったんだと自慢していたようです!