車のコーティングは素人には難しい

coating16ポリマーならともかくガラスコーティングはかなり高くて、ローンを駆使してやっとのことで車を購入したかつての私には、手が出ない代物でした。しかしだからといって、自分で道具を購入して挑戦しようとしたのは、失敗だったと思います。道具だって、その時の私にとっては簡単に出せる価格ではなかったのにもったいないことをしました。
当時は見よう見真似で車を磨いて、購入した液剤を使ってとやっていたのですが、艶は一向に出ないしおかしいと思ったんですよね。後からプロが下地の処理を丁寧に行うことで、初めてきれいな光沢が出るのだと知って、いかに私には荷が重い行為だったかを感じました。

埃や風にも気を付けていませんでしたし、何よりポリマーでしたし、見た目としてもボディを守る効果としても、コーティングの効果がみられなかったのは当然だったと今ならわかります。でもその時は、そうして車を覆うことができれば、見えないベールでなんとか車体を保護できるだろうと思ったのです。
正しい方法とその極意を知った現在でも、もう自力でそうしようとは思いません。車はやっぱり車のプロに任せるのが一番、お金がかかるのもその苦労と発揮される技術を考えれば当たり前のことですし、むしろ安いぐらいなのだと学びました。