日本酒の良いところ

nihonshu15日本酒は地域によっていろいろな種類が楽しめるのが一番の魅力だと思います。
津軽に行った時飲んだ「じょっぱり」は辛口で、パッケージがインパクトがあります。
温湯こけしに描かれる赤ダルマをパッケージに描いたそうです。
仙台と言えば、一ノ蔵の「すず音」が好きです。
初めて、一人暮らししている家の近くの酒屋で発見した時、衝撃を覚えました。
まるでシャンパンのような飲みやすさでした。
アルコール度数が低いところも、若い女性向きだと思いました。
京都に行った時は月桂冠大倉記念館に行きました。
入場料を払うと、ちっちゃいお酒がもらえ、それ以外に3種類くらい、お酒を試飲できました。

ここの薄青いレトロな瓶に入った日本酒はおしゃれだなと思いました。
会津の大内宿に行った時は酒屋さんに行き、試飲をさせてもらいました。
年末に行ったので、こちらでは大内宿のラベルの瓶を正月用として購入しました。
その時は会津若松にも行ったのですが、七日町にある酒蔵では無料で見学や試飲を行っていました。
わたしの地元の酒蔵では、モーツァルトを聴かせたお酒が人気商品です。
昔のイメージは年配の方がワンカップをちびちび飲むイメージでしたが、最近はだいぶおしゃれなイメージになった気がします。