「太陽光発電」で自己破産も?

16NHKで放送をされていた特集でしたが、やはりそうかという思いで見ました。その内容とは、「太陽光発電」により自己破産を余儀なくされそうになっているという内容のものでした。
取り上げられていた人は農家のおじさんで果樹園を営んでいる方。その農園を潰し、太陽光パネルを設置し、売電により事業収入をあげようという計画。ところが電力会社が売電できないという事態に陥り、事業は頓挫。今では返済を気にする毎日という内容。

事業費として銀行から10億円を借り入れ、パネルを設置したそうです。ただ、その事業費も、農園の時はびた一文融資をしてくれなかった銀行が、太陽光発電事業となるやいなや、簡単に10億円を融資したこと。信じられません。
それだけの金額を一般の人が返済できるわけはなく、近い将来自己破産をするだろうなという感じで見ていました。太陽光発電を勧める業者も業者で、いっぱいの人にそういった半紙を持って行ってはダメですよ。酒を飲ませて、女を抱かせれば一発OKに決まっているじゃないですか。見え見えの手口が許せないのです。
考えてみれば、事業は甘くないとわかるはず。これだけ、買取価格が下がり、問題になっているわけですから。勧める方も勧める方ですが、話に乗る方も乗る方かな。