相続には物納というものがあるらしい

souzoku15親の遺産を相続する時に考えなければいけないのが、税金の支払いについてです。その納税は、普通に考えればお金で支払うのが当たり前です。しかし、私のような貧乏人で手持ちのお金が乏しい時にはどうするのでしょうか。税務署に、「お金が無いから税金は払えません」と申し出れば、それが通用するのでしょうか。どうやら通用しないようです。
たとえ現金は無くても、納税の方法はあるのです。それが、物納と呼ばれているものです。たとえば親から土地や家などの不動産を相続した場合、現金で税金の支払いができないなら、土地などの不動産を差し出すことで納税ができるそうです。確かに、これならお金が無くても大丈夫なので安心できそうです。

しかし、この物納にも問題がありそうな気がします。私は現在、高齢の親と同居しています。家も土地も親のものであり、住宅ローンの支払いなども既に終わっています。そんな私が遺産相続をしても、納税は物納しか選択肢はありません。すると私は家を出ていかなければならず、住居を失ってしまうことになるのでしょうか。
これは私にとっては大問題です。支払う税金の金額にもよるのでしょうが、本当に住処を失ってしまう恐れがあるのです。それを考えると不安でたまらなくなります。