いろいろな条件で決まるコーヒーの味

美味しいコーヒーを飲みたい、とはいってもその定義は色々です。コーヒーの味は豆はもちろん、焙煎度や弾き方、粉の量やお湯の温度、入れる時のスピードにも変わってきますのでこれらすべてを調整することによって自分好みの味のコーヒーを淹れることができます。注意することがたくさんあるので大変ですね。コーヒーの量が多いと珈琲の味は濃くなります。また90度以上の高温で入れると苦味が強くなり75度以下の低温だと酸味が強くなります。淹れるスピードは早いほど酸味が強くなり、遅く入れると苦味がより強くなっていきます。
エスプレッソはこれを調整したもので深入りの豆を極細にひいたものを高温のお湯で淹れるので苦味が出てきます。美味しいコーヒーと言ってもちろん人それぞれの好みによって変わってきますし、もっと言えば飲むシーンによっても変わってくるとは思いますが、このように淹れるときの条件によって味が様々に変わってきますので色々と試してみて自分好みの最高の味を探してみたいですね。