ガラスコーティングのメリット

coating15現在は、ガラスコーティングへカーワックスから変わってきています。
カーワックスの場合は、ツヤも出て、作業が手軽にできるため、非常に使用しやすいものです。
そのため、現在でもカーワックスはよく使われています。
しかしながら、カーワックスのデメリットとしては、簡単に雨などで流れ落ちるということもあります。
一方、ガラスコーティングの場合は、ツヤが車に出るだけでなく、簡単に雨の場合でも流れ落ちることはないというようなメリットがあります。
さらに、傷がボディにつきにくいというようなメリットもあります。

しかしながら、傷が全くつかないのではなく、長くツヤや光沢を楽しみたいと考えている場合におすすめのものであると言えます。
また、車の塗装を有害物質から保護するという効果が期待できます。
現在、車のコーティング剤としては、ガラス系とポリマー系があります。
しかしながら、ポリマー系の場合は、傷がつきやすく耐久性が弱いことと、効果が3ヶ月~6ヶ月間くらいの期間は持続するというように割合短いということがあります。
ガラス系の場合は、現在グレードが最も高いもので、一度すると効果が1年以上持続するので、車を安心して使うことができます。