猫の安心

猫を見ていると、決まったところで昼寝をしたり安心できる場所が決まっているように見えます。は周囲に何も危険がない環境に居るとだんだんと本来持っている警戒心が薄れていきます。本来猫にとって警戒心は生きるうえで重要な要素ですので、それが薄れることによってよりイエネコっぽい自由奔放さが表れるようです。人間で言ったら「平和ボケ」って事になりそうですが。昼寝をする場所は猫にとって安心できるところです。寝ている時は猫にとって最も無防備になる時だからです。ですのでどこかに隠れているような猫は安心度が低く警戒心が高いということになります。きっと外で拾ったの猫だったらそのようにするでしょう。人間のそばで寝るような猫は最も警戒心が薄く安心度が高いといえると思います。特に顔の近くで寝る猫は親愛の情を持っているようです。うちの猫たちはうれしいことに人間たちのすぐ近くで寝るし顔に近いところでも寝てくれますよ。皆さんのお宅の猫さんたちはいかがですか?