責任ある仕事である整備士

整備士整備士とは、乗り物や機械などの点検や整備等を行う人のことを言います。その整備する対象に応じて、整備士の前にその名称をつけることが多いです。例えば、よく聞くもので言えば自動車整備士などがあります。乗り物や機械等の確実な作動を保つことや、事故を未然に防ぐことが使命なのです。そのためには、専門的な知識や正しい作業手順で整備を行わなければいけないのです。

何故なら、不適切な整備が事故につながる可能性があるからです。このように、命に関わる大切な業務を行うため、整備作業は法令等で定められている資格保持者のみが行えることも多いのです。資格を取得するためには、専門的な知識を学ぶ学校に行く場合もあります。その後、資格取得の試験を受けて合格すれば、整備作業に携わることができます。他には、仕事として実践的な経験を積んでから、資格取得を目指す場合もあります。どちらにしても、責任ある仕事であるということを自覚し、整備作業に従事しなければいけません。