大谷石の概要とその特徴について

大谷石大谷石は、栃木県宇都宮市の北西部にある大谷町付近で採掘される石材のことです。軽石凝灰岩の一種で柔らかく加工しやすいため、昔から外壁や土蔵などの建材として使用されてきています。主な特徴としては、耐火性に優れている点や石の重量が軽いなどの点があります。用途としては主に住宅の建材や、防火壁などにも使用されたりします。大谷石は他の石に比べ見た目にあたたかさや優しさがあるため、高級建築物に好んで使用されてきています。

大谷石には、天然ゼオライトと呼ばれる成分を含んでいるため、水処理や公害物処理、脱臭処理などの理容も可能となっているため、土壌改良剤としても利用されることがあります。大気や水などの浄化機能もあるため、環境や人体に優しい石とも言えます。この石は、薪ストーブやピザの窯などに使用されることもあり、様々な場面で使用されています。さらに、防湿性があり生鮮物の鮮度を保つ効果もあるため、コメなどの貯蔵庫として使用されることもあります。