バスを利用したいろいろな思い出について

bus15最初にしたアルバイトが観光バスがたくさん集まる駐車場でしたので今でもおぼえています。車は終わると会社の駐車場に夜遅く帰ってきます。大体夜遅くからアルバイトがはじまりますが、することは車内の清掃です。十数台の車の中のゴミをかき集めるのが主な仕事ですが、吐いてある後処理が大変でした。ゴム手袋をしますが、室内の窓を開放しても臭くてたまりませんでした。
座席の間にゴミを入れる人もいるので、懐中電灯で隙間をみながら確認していきます。基本的に2人でするのですが時々相手がこないときは1人でしなくてはならないので夜ですが汗びっしょりになるほど重労働でした。
乗車することは好きでしたので良く利用していましたが、すごい狭い道路でこんなところに路線が走っていることに驚きました。

この字で曲がるところがあり、サイドミラーが当たりそうなほど狭い処がありどうするにかと見ていると、どこからか女性の添乗員が再度ミラーを内側に曲げながら笛を吹いて誘導していました。
観光地では見かけますが、住宅街を走る路線バスでは初めての経験でした。運転手さんも乗客の人も慣れているみたいでしたが、初めて体験してみて運転技術に感動したことを覚えています。