ペアガラスなのに結露してしまう

ペアガラスペアガラスは正式には複層ガラスと呼ばれます。2枚の窓ガラスの間に狭い隙間を作ることで、外部と内部の温度が伝わりにくくなっている省エネ対応の窓ガラスです。ガラスの隙間の内側にはフィルムが貼ってあり、断熱以外にも各種の効果があります。

ペアガラスは結露しにくいと宣伝されています。確かに構造上、温度が伝わりにくいために結露しにくいのですが、完全に結露しないわけではありません。ペアガラスの2枚のガラスの隙間には空気が封入されており、この空気を経由して温度は伝わります。あくまで伝わりにくいだけです。

また、ガラス自体は温度を伝えにくくても、まわりのアルミサッシは温度が普通に伝わります。多くの場合、ガラスではなくサッシが結露していることが考えられます。最近の省エネ対応のサッシはサッシ部分が細くスマートになっており、サッシの面積を減らすことでより断熱性能を高める工夫がされています。