泥棒がいやがる家

泥棒泥棒は侵入までに時間がかかることを嫌がります。彼らがドアや窓に補助錠がついていたからという理由で犯行を諦めるのは、ドアや窓に補助錠を付け、二重ロックにしている住宅を狙うよりは、そうでない住宅を狙おうという泥棒心理が働いているためです。特に窓などのカギであるクレセントは、本来気密性を高めるためのもので、カギと呼べるほどの防犯機能はないので、優先して補助錠などの防犯対策を行うべき箇所です。補助錠や窓から侵入しようとすると音が鳴るセンサーアラームを設置する際は外からよく見える位置に設置したり、補助錠設置と書かれた防犯シールを春などして防犯設備をアピールしましょう。

また玄関や窓の近辺に監視カメラを設置するのも泥棒に対して威圧感を与えるので有効です。少し大きめのホームセンターなどでは監視カメラに加え、実際には撮っていないダミーカメラなどが比較的安価で販売されています。泥棒が嫌がるという点では本物でもダミーでも関係ありません。