中古車の査定は店ごとに違うのか。

良く中古車の査定をして高く買いますという宣伝を見たり聞いたりしますが、本当に違うのでしょうか。中古車は中古車専門の取引市場があって、そこで仕入れた中古車を中古車販売店で売るのが一般的です。大手の中古車販売店になると、全国にネットワークを張り巡らし、客のニーズに合った中古車を見つけ出し、販売します。販売の他に中古車の査定も行っていて、査定に持ち込まれた中古車が中古車を探している客のニーズと合えば高く買い取ってもらえるみたいです。新車を購入する際も前に乗ってた車を査定してもらえます。メーカー系列の販売店なら中古車の販売も行っているところが多いので同じメーカーの車なら買い取り専門店とさほど変わらない値段で買い取ってもらえるみたいです。同じ車種の車を査定しても違いが出ます。それは走行距離、外観、事故歴などを考慮されるからです。また、パーツなども査定対象になります。以前、車本体は10万円だったのにホイールが5万円だったことがありました。