SEO対策は検索エンジン対策

ユーザーは検索エンジンに依存していることを示唆しています。検索エンジンに捕捉されないページは、ウェブに存在しないのも同じ」といっても過言ではありませんのでSEO対策は重要です。
もちろん、検索エンジン以外の手段で情報に辿り着くユーザーもいます。お気に入りから直接やってきたり、掲示板の書き込み、ブログのトラックバックやコメント、ソーシャルブックマーク、RSSリーダーなど、その経路は多岐に渡るものの、対策が打てる経路もありますので、それらのユーザーを取りこぽすことなく、サイトに誘導することも重要です。
しかし、もっとも重要なのが、検索エンジンからの経路であることは、間違いがありません。
以前、マーケティング用語として、AIDMAがいわれていました。Attention (注意喚起)→Interest (興味)→Desire (購買欲求)→Memory (記憶)→Action (購入)という、ユーザーの行動パターンを表したものです。
ところがウェプの発達により、今はAISASに移行したといわれています。 Attention(注意喚起)→Interest (興味)→Search (検索)→Action (購入)→Share (情報共有)と、興味を持ったユーザーはまず検索して調べることから行動を始めます。
検索エンジンからの経路を、太く確実なものにするSEO対策は、もはやウェブビジネスを行う上で必須といえるでしょう。