高齢者向け住宅の特徴と種類について

高齢者向け住宅とは、有料老人ホームなどとは異なる高齢者に適した住宅のことです。そのため、高齢者向け住宅は一般的な賃貸借契約になっていて、有料老人ホームなどのように介護や支援サービスの提供はないのが特徴です。それにより、有料老人ホームなどと比べると比較的安く利用することができます。高齢者向け住宅は、あくまでも住居として利用することを目的としているので、住まいの提供のみとなっています。それでも、最近では様々な種類の高齢者向け住宅があるので、いくつか紹介します。まず、高齢者住宅です。ここでは、介護や支援サービスを提供されない高齢者を対象とした住まいのみを提供しています。

家賃や設備など様々なタイプがあるので、どういうタイプか調べておく必要があります。次に、サービス付き高齢者向け住宅です。ここでは、有料老人ホームのように介護サービスなどを受けることはできませんが、利用者の介護度に合わせて必要な安否確認や生活相談などのサービスを受けることができます。そして、シニア向け分譲マンションです。ここでは、マンション内で提供されているいくつか生活支援サービスを受けることができます。提供されるサービスも場所により異なるので、事前に調べておく必要があります。こうした特徴を踏まえた上で、上手に高齢者向け住宅を利用すると良いでしょう。