車をコーティングする利点とタイミングとは

車のコーティングを検討している方に、コーティングの利点について紹介します。
まず、コーティングをすると車の表面に薄い膜を作ります。その膜が傷や汚れから車を守り、表面が滑らかになることで汚れや埃が落ちやすくなり、小さな汚れでは水で洗い流せるので洗車が楽になります。また、雨によるシミをつきにくくする効果もあります。車についた雨を放っておくと、雨水に含まれるミネラルや小さな埃がウロコのように残り、汚れが落ちにくくなります。汚れを落とそうと強く擦ることで、さらに車に傷をつけてしまうのでコーティングをすることが大切です。

次にコーティングの種類によっては紫外線に強いものがあります。車は紫外線に当たり続けると、特に車体が濃い色の場合は色あせが進行し、色つやや輝きがなくなってしまいます。色あせや傷があることで影響するのは車を売却する際の査定時です。色あせもなく、傷も少ない車は査定時に査定額が上がります。売却した車を市場に出す前に、研磨作業や細かい清掃作業があり、コーティングをしていることでこれらの作業を省略することができ、その分高く買取されやすくなります。
 このように、コーティングには利点がありますが、どのタイミングで行うとよいかと言うと、新車の時にすると良いです。新車と1年後のコーティング値段を比較すると、5万円ほどの開きがあります。これは、傷や汚れなどを修復・清掃するのに料金がかかってしまうからです。そのため新車のうちにすることでコーティングの費用を抑えることができます。
 車のコーティングをする利点とタイミングについて、車を傷や汚れから守り査定時に損をしないよう検討を考えることも大切です。